私は冬の良く晴れた日に、JR埼京線北与野駅近くからJR川越線指扇駅までの荒川河川敷をよく散歩しています。
歩く距離は15km強ですから、半日がかりで歩くには丁度良い距離です。

北与野駅へ行く途中の和菓子屋さんで大福餅を買い、それを食べながら荒川の堤防に向かいます。
さいたま市立荒川総合運動公園の脇から堤防に登ると、まず目に飛び込んでくるのが富士山の雄姿です。

富士山は、荒川河川敷を歩き始めてから終点のJR指扇駅の手前まで、ほぼ全行程から見ることができます。
春から秋にかけてなら、荒川に架かる治水橋を迂回して、橋の下を歩いても良いのですが、冬場は堤防の土手を進みます。
なぜなら、風の中を悠々と飛ぶチョウゲンボウという野鳥の姿を見られるからです。

ビュービューと風吹き荒ぶ河川敷を歩く事約2時間、途中河川敷に点在する池で魚釣りをする人達を眺めながら、上江橋の袂まで来ると散歩も終わりです。
何もないように見える荒川の河川敷ですが、富士山や野鳥を目当てに歩いてみるのも気持ちが良いですよ。スパーキー佐藤の内容に興味ある方はこちら

毎年流行やる感冒などの感染症の要因となるウイルスは総締め百ステージありますが、この中でも乳児が最も感染しやすいのがRSウイルスですよ。
RSウイルスは、感染、発症するといったブレス入れ物系の不調を引き起こすウィルスですよ。
ことさらに冬に流行し、感冒事象をもたらします。
RSウイルスの感染パワーはとても著しく、生後3年代までに半分前述、6年代までに多分300%の乳児に感染してしまいます。
ほかには、RSウイルスはひとたび感染しても免疫が十分にできないため繰り返し感染してしまいます。但し、何度も感染するうちに次第に免疫ができて出向くので、事象は気持ちよくなっていくみたいですよ。
ついにRSウイルスに感染した状況はひどくなり易く、ことさらに生後5ヶ月以内の状況、細気管支炎、肺炎といった重篤な事象を引き起こす恐れがあるみたいですよ。
5年代以内の乳児が感染した状況、インフルエンザよりも逝去比率が高いという認証成果もあります。
全然身近で感染しやすい危険なウイルスです仕打ちから、老年が気をつけてあげないといけないものですね。ミラドライが大阪でできる!